RELAY INTERVIEW 2022.06.23

「デザイナーの価値を高めたい」Y.Wさんにインタビュー

H.K

経営企画部

H.K

Y.W

マーケティング統括部 デザイナーチーム

Y.W

アシロ リレーインタビュー企画 待望の第二段は、マーケティング統括部でデザイナーとして活躍されているY.Wさんです!
ちなみに先日、インタビューされた経営企画部のH.Kが、今回はインタビュアーとなりました。
(人生初のインタビュアー&原稿作成!!!)

早速インタビューの様子をのぞいていきましょう!
(Y.Wさんの温和で優しい受け答えにご注目ください。)

早速ですが、自己紹介をお願いいたします!
Y.W

はい!Y.Wと申します。
3月24日生まれの37歳、滋賀県出身です!
好きな食べ物は鶏肉全般、特に某有名フライドチキンが大好きです!

アシロに入社するまで、地元滋賀県で暮らしていました!

ありがとうございます!前職はどのような会社で、どのようなお仕事をされていたのですか?
Y.W

地元滋賀県のデザイン制作会社に11年間勤めていました。

幼いことから絵を描くことが好きで、高校卒業後は4年制のデザイン系の専門学校に通いました。

学校が京都にあったので、滋賀から京都の大学まで片道2時間ちょっとの通学で、京都を訪れる観光客にもまれながら毎日ぎゅーぎゅーのバスに乗って通うのがしんどくて…4年生の時に学校を辞めてしまったんですけど、通っていた学校の先生が、そのデザイン会社に僕を紹介してくれて、ご縁があり入社しました。

もともと専門学校ではグラフィックを学んでいたので、グラフィック中心に手掛けていましたが、時代の変化とともに「やっぱ時代はWEBデザインなのかな…」と感じ、徐々にシフトチェンジしていきました。

そうだったのですね!確かに片道2時間はきついですね、、、 ちなみに、地元で就職をされてからどんなきっかけがあってアシロに入社されたんですか?
Y.W

実は、その前職の会社がなかなかきつかったんですよ…。
残業も多くて、体力的にも精神的にもきつい状態が続いていて、、でも辞めるタイミングがずっとない状態だったんです。
そんな時に、とある女性の方とお仕事でご一緒して仲良くなったんですが、
その方がアシロに勤めていて、「今、アシロにはデザイナーがいない」という情報を知り、面接もまだ受けてないのに会社を辞めて上京したんです。
ちなみにその女性が今の奥さんなんですけどね(笑)

そんな感じで滋賀を飛び出してきたわけなんですが、無事に内定をもらって今に至ります。もうアシロ歴も4年目なので、中堅ポジションですかね…!

そんな経緯があったのですね。かなりびっくりです!アシロではどんな業務を担当されているのですか?
Y.W

他部署からいただく案件を、ほかのメンバーに振り分けたり、メンバーがデザインしたものをチェックしたり、アシロの「デザイン」に関することすべてに関わっています。

サイト全般のデザインもしかり、ディレクターからの改修依頼対応やLP作成もしますし、
ご掲載いただいている事務所さまのページに掲載するサムネ作成、そして会社概要資料や会社の説明会で使用する資料のデザインのアップデート等もやっています。

最近は僕自身がデザインする回数を減らすようにしていて、マネジメントだったり会社全体に関わるデザインの制作(直近だと、アシロ社としてのブランディング施策に関わる機会が多いです)にシフトチェンジしています。

どれもすごく大変ですが、今までで一番大変だったのは入社直後でしたね。
なんせ、僕が初めてのデザイナーとしての入社だったので、何も体制が整っていなくて、依頼状況などの管理ができなかったんです。
業務と並行しながら、その体制づくりをしたのはとても大変でした。

確かに、0から1にする作業は大変ですよね、、、 どんなことにやりがいを感じますか?
Y.W

以前は制作会社に勤めていたので、社内にはデザイナーしかいない環境でした。
デザインをすることだけが仕事みたいなところがあって、作ったら終わり。また新しい依頼が来て、それを作ったら終わり。そんな感じだったんですけど、
今はそうではなくて、「育てている」という感覚があります。
デザインを変えたことによってサイトの反響が上がったと聞いたときは、「良かったなあ」って嬉しくなりますね。それが今のやりがいです。

あと、今までで一番やりがいを感じた業務は、
入社して2年経つか経たないかの時に任された「アシロのロゴ作成」ですね。

たまたま社内でポロシャツを作る流れになりまして、「そういえばちゃんとした会社のロゴがないよね」となり、僕がロゴを作ることになりました。
ロゴは会社の顔ですので…すごく緊張しました!

たくさん考えてアイデアを絞りだし、代表の中山さんに直接デザインを見せに行ったときが、アシロに入社してから一番緊張した瞬間でした。
もっと吟味していろんな意見がぶつかり合うのかと思いましたが、
「良いと思う!」と仰っていただき、なんと1日で決まりました。

あまりにもあっという間に決まったので、「本当に大丈夫だったかな?」と今でも思うことがあります(笑)

アシロのロゴはY.Wさんが考えられたのですね!スタイリッシュで素敵なロゴですよね。 デザイナーチームはどんな雰囲気ですか?
Y.W

僕を含めてデザイナーチームは4名います。みんなどちらかというと大人しい性格ですが、
デザインの話をすると自分の思いをしっかりぶつけてくれます。そこからデザインに関する秘めた熱い想いみたいなものを感じますね。

特にメンバーのTさんは、「これが今の若者の感覚なのか?」というような、僕が想像できない、想像を上回ってくるようなデザイン案を提示してきます。
そんなときに「面白いな」と感じます。これってジェネレーションギャップですかね?(笑)

メンバー内での取り組みとして、定例会議で「自分の推し」を発表する時間を設けています。
シンプルに息抜きという目的もありますが、
意識的に物事を言語化して相手に伝えるというのが大きな目的です。

デザイナーは仕事中に人とあまり話す機会がなくて、そうなってくると自分がデザインしたものを言語化することができなくなってしまうという懸念があります。
推しの話なら話しやすいかなと思い、日常的に言語化して話す機会を与えています。
毎週一人ずつ30分くらいかけて行っていて、資料を作成してくるところまでやります。ゆるーくやってますがそれなりにガチです!(笑)

発表の内容としては、映画、ゲーム、アニメなどなど、、、幅広いです。
この間、ゲームをプレゼンしたメンバーがいて、その内容に影響されて同じゲームを買っていたメンバ-がいましたね。

すごく楽しそうな雰囲気ですね!Y.Wさんはアシロ4年目ということで、アシロの好きなところはどんなところですか?
Y.W

とにかくみんな良い人ばかりの会社だと思います。
それから、人もそうだし会社としても決断が早い・スピード感があるなと思います。

時代に取り残されないどころか、時代を先取りしてる、そんな感じがありますよね。
そういうところが好きですね。そのスピード感に時々苦しめられますが、、、(笑)

変化についていくのは簡単ではないですよね(笑) でも確かにアシロはスピード感のある雰囲気というのは私も感じます! Y.Wさんのお仕事面・プライベート面、それぞれの将来の夢を教えてください!
Y.W

そうですね…今まではデザイナーとして、ずっと職人でいたいという気持ちがありました。
けれども、アシロに入って色々な業務を経験していくうちに、そのあたりのこだわりがなくなってきたんです。
なので今は、アートディレクター的な役割になっていきたいと思っています。

それと、デザイナーという役割の価値を上げていきたいです。
そのために僕自身ももっとスキルアップして、どんどん価値を上げていくために頑張ります!!

そしてプライベートでの夢はカワウソを飼うことです!(今日イチの声)
本当にカワウソが大好きで、よくYouTubeなどでカワウソの動画を見ています。

カワウソを飼育するためには、自由に泳げるだけのスペースが必要だったりするので、なかなか飼うことは難しいのですが、いつか飼えたらいいな…と思っています!

次はどなたにインタビューしたいですか?
Y.W

リーガルメディア事業部・CSチームで活躍されているK.Nさんです!

一言お願いいたします!
Y.W

競馬の予想を教えてください!(笑)

インタビュー風景